害獣被害に困っていたら|ハチ退治を行ない安全に暮らせる環境を取り戻そう

ハチ退治を行ない安全に暮らせる環境を取り戻そう

メンズ

害獣被害に困っていたら

作業員

郊外だけでなく街中でも

最近は郊外だけではなく都市部でも害獣被害が増えていますが、考えられる理由としては生息する場所の減少や食べ物が豊富にあることです。特に最近多く聞かれるのがアライグマやハクビシンによる被害ですが、これらの動物は元々日本には生息しておらず、外国から何らかの理由により連れてこられたものが国内で繁殖し増え続けていったのが原因とされています。見かけたらかわいそうですがすぐに害獣駆除しなければなりません。なぜなら害獣による作物や家屋の被害はどんどん増え続ける一方ですし、日本古来のタヌキやイタチなどといった生物の存在も危ぶまれるのです。害獣駆除は難しい上、特にアライグマは見た目と違い気が荒いので迂闊に手を出すことがないようにしましょう。

二次被害を防ぐために

アライグマやハクビシンといった害獣は、その生態を知り尽くしたプロの駆除業者に害獣駆除依頼することをおすすめします。特に家の屋根裏などに巣を作り棲息している場合もあるので、すぐに害獣駆除してもらいましょう。住居内に侵入している場合にはその場所に糞尿をしていますから家の中まで異臭がするだけではなく、そこに害虫がわき二次被害の恐れがあるので早めに駆除してもらいましょう。住居内に侵入した害獣駆除の方法は、まず害獣を捕獲した後棲息していた場所をきれいに清掃し消毒することから始めます。侵入経路を確認したらその場所を塞ぎ、二度とそこからの侵入ができないように対処していきます。野生動物は危険なので必ず害獣駆除は専門家にお願いしましょう。