もしも自宅に棲み着いたら|ハチ退治を行ない安全に暮らせる環境を取り戻そう

ハチ退治を行ない安全に暮らせる環境を取り戻そう

メンズ

もしも自宅に棲み着いたら

動物

回虫症のリスクがある

野生のアライグマが自宅の軒下や屋根裏に棲みついてしまうケースは増えています。見た目が可愛らしいため、そのまま放置している家庭も少なくありませんが、どちらかと言えば早急に駆除した方が良いです。なぜならば、アライグマの多くはアライグマ回虫と呼ばれる寄生虫がいることが分かっているからです。この回虫はアライグマの糞に含まれていることもあり、誤って人間の口に入ってしまうとアライグマ回虫症を引き起こしてしまうリスクがあります。これは重度の脳障害を起こす危険性のある怖い病気です。そのため、アライグマが棲み着いてしまったときは、早急に駆除をする必要があります。その駆除方法としてよく利用されるのに捕獲器があります。

素人は罠を仕掛けるまで

その捕獲器は近所のDIYショップやネット通信で手に入れることができます。それを餌と一緒にセットして、あとは罠にかかるのを待つだけです。プロの業者にかかれば、燻煙剤や忌避剤などを用いて罠の方へと誘導させることもできます。ただ素人が行えるのは罠を仕掛けるまでです。というのも、アライグマは見た目に反して凶暴な動物だからです。仮に捕獲することができても、それを駆除しようと近寄ると引っ掻かれたり、噛みつかれてしまうリスクがあります。そのため、駆除してくれる業者あるいは保健所に連絡して、捕まえたアライグマを駆除してもらう必要があるわけです。個人で仕掛けた罠で捕獲が難しい場合には、やはり専門家の力を借りると良いでしょう。専門家であれば、アライグマの行動パターンを熟知しているため、罠にかかりやすい場所や時間帯、好むエサなどを把握しています。個人で罠をはるより効率的に捕獲できます。